https://docs.google.com/forms/d/1CYpMj9HwM1X_etP5zlX9vSG8EBmugDUlnr5zrvg_v10/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link

既婚者・妻帯者・所帯持ちが年収2倍になる方法を考える会

既婚者のサラリーマンは給料だけでは足りない、今後も将来が不安だと考えている方へ、お金の借り方、貯めるコツ、増やし方、WEBでの稼ぎ方を伝えます

八戸名物「いちご煮」を比べて見ました。比較検証してお土産に最適なのは?

f:id:tsukurusendai:20170504163600j:plain

青森県八戸市は三陸リアス式海岸があり、うにやあわびなどの海産物が豊富です。

そんな八戸ならではのお土産の名物として「いちご煮」という缶詰があります。

うにやあわびを使用している為、1缶あたりのお値段は1,000円近くする高級缶詰なのです。数社が「いちご煮」を販売しているため、今回はどのメーカーの「いちご煮」がお土産として贈答して喜ばれるのか?美味しいのか?コスパは?を検証してみました。

 

*そもそもいちご煮って何?

最初名前を聞いたときは驚きました。苺を煮たお吸い物?

由来は生うにを煮るとうにがくるんと丸くなり、苺のように見えて、汁が白く色づく為、「朝もやの中に苺があるように見える」とのことで「いちご煮」と銘々されたそうです。そこにあわび又はつぶ貝、そして大葉やねぎをいれるバリエーションがあります。八戸の隣の階上あたりでも名物です。

 

f:id:tsukurusendai:20170504163654j:plain

f:id:tsukurusendai:20170504163724j:plain

*いちご煮の2メーカーを比べる

今回は「味の加久の屋」VS「かねと」の2メーカーを比べてみます。

まずは缶を開けてみました。

このときは「かねと」用で缶きりが必要です。

見た目は「味の加久の屋」が白く、いちご煮の朝もやのような色です。

f:id:tsukurusendai:20170504163743j:plain

「かねと」は透明で具がはっきり見えています。

f:id:tsukurusendai:20170504163807j:plain

①いちご煮の値段

味の加久の屋・・・・861円

かねと・・・・・・・645円

価格差216円、「味の加久の屋」の方が25%近くも高いのです。

価格面では「かねと」の方が安いので優勢です。

 

②いちご煮の量

味の加久の屋・・・・415g

f:id:tsukurusendai:20170504163933j:plain

かねと・・・・・・・425g

f:id:tsukurusendai:20170504163954j:plain

ここでは汁と具の重さです

ここでも「かねと」が10g多く優勢です。

 

③いちご煮缶の外観

味の加久の屋・・・・プルタブタイプで缶きりいらず

f:id:tsukurusendai:20170504163846j:plain

かねと・・・・・・・缶きりが必要なシンプルタイプです

 

f:id:tsukurusendai:20170504163902j:plain

④いちご煮の具、量

味の加久の屋・・・・①うに 35g 23個 形がしっかりしている

          ②アワビ(ロコ貝)20g 14枚のスライス

          ③葱、シソの葉 少量

うに、アワビ合わせて55gの具

f:id:tsukurusendai:20170504164033j:plain

 

f:id:tsukurusendai:20170504164051j:plain

かねと・・・・・・・①うに 23g 形のないそぼろ状

          ②つぶ 20g 6個 コロコロ

          ③ほたて貝柱 15g 8個 コロコロ

          ④葱、シソの葉 少量

うに、つぶ、ほたて貝柱合わせて58gの具

f:id:tsukurusendai:20170504164109j:plain

f:id:tsukurusendai:20170504164125j:plain

具はアワビが入っている事、うにの形が大きいことで「味の加久の屋」が優勢です。

 

⑤いちご煮の味

一番大事な味です。味の加久の屋はいわゆる正統派の「いちご煮」の味です。

「かねと」は塩味のさっぱりしたお吸い物という味わいでした。

私は以前は和食屋さんで仕事をしていて何度もいちご煮を作ったことがありますので、いちご煮の味はしっかり覚えています。

 

f:id:tsukurusendai:20170504164201j:plain

*おみやげにするのにふさわしいのはどちらか?

今回はお世話になった方に珍しい物をあげたいということですので、うに、アワビの入った「いちご煮らしい、いちご煮」の「味の加久の屋」さんに軍配があがりました。

私のイメージではうにとアワビはいちご煮の具には必須なものという思い込みがあり、

アワビではなくつぶ貝では少しグレードが下がるように感じました。

ウィキペデアでは

いちご煮(いちごに)とは青森県八戸市とその周辺の三陸海岸の伝統的な料理で、ウニ(キタムラサキウニ、エゾバフンウニなど)とアワビ(ツブ貝等で代用されることもある)の吸物である。古くから上客への出し物として使われてきた。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた。

湯または出汁でウニとアワビの薄切りを煮立て、とわずかな醤油だけで味付けをしただけのシンプルな料理である。仕上げには、青じその千切りが椀に放たれるのが定番で、その香りが濃厚な海の風味を程よく引き立てている。

 

アワビをつぶ貝で代用することもあると記されています。

 

今回はお土産としては「味の加久の屋」を選びましたが、塩味のうにスープとして

「かねと」も十分なクオリティーでした。

 

*いちご煮缶料理

汁物として直接いただくことの他に、炊き込みご飯、茶碗蒸し、雑炊なども作れます。

変わったところではスープパスタにしても美味しいですよ。

 

f:id:tsukurusendai:20170504164229j:plain

 

 

 

 

 

 あなたはお金の事で困っていませんか?お金がほしいですよね?

 

お金の事を勉強すれば必ず、すぐに今よりお金に困る事なく生活できます。

 

 今のあなたは「お金」の勉強をしていないから、

 

「お金」の事を知らなくて悩んでいるのです。

 

5つの法則を知れば、普通の人でも年収1000万円になれます♪

 

「お金」とは?

 

 そもそも「お金」ってなんだよ?

 

 日本銀行券という日本銀行法により日本銀行が独立行政法人国立印刷局により、

 

製造された券です。

 

 1万円を作るのに必要な材料代は約40円です。

 

昔の物々交換では持ち運びや保存性で大変だから、券=お金となったのです。

 

「物」と交換できる「券」だから価値がありみんなが欲しいのです。

 
 現に、生活していくうえで、お金がないと豊かな気持ちになれません。

 

犯罪はお金がらみで起きる事が多いように、お金がなくては心が貧しくなり、

 

ズルい考えや、嫌らしい考え、卑怯な事をしてしまいます。

 

数万円で人殺しまで起きることもあります。

 

あなたもお金も事で心がすさむ、そんな経験ございませんか?

 

犯罪でいうと例えば「パンを盗む=窃盗」腹いっぱいだけどパンが

 

素敵だから盗むのでしょうか?

 

違います。

 

お腹がすいてどうしようもなくて、死にそうだから、しょうがなく

 

パンを盗むのです。

 

 原因は「お金がないから」です。

 

貧困=悪を生む、負のスパイラス(螺旋)にはまる事になります。

 

悲しい事です・・・・・・

 

お金とは車でいう「ガソリン」と一緒で人生には必要不可欠なものなのです。

 

結論から言って具体的に何をすればお金に困らない生活になるのだという疑問に

 

お答えします。